まっちゃんの鮎すがら。

桂川をメインに相模川、中津川、奥多摩川、秋川、多摩川中流部など。遠征では神通川、馬瀬川、長良川、東北は米代川、気仙川、甲子川、盛川などいろいろな場所に出撃!タックルは主にDAIWAですが一部シマノの竿も使っています。最高釣果145匹、最大釣果31.0cm。平均釣果は1日30匹前後の中級者です。

【DAIWA】NEW DAIWA 銀影競技Tを検討する

昨年までの釣りを振り返って

昨年買った競技TYPE-S 85Hは良い竿である。

良い竿なんだ。
良い竿なんである。
本当にクセのない良い竿。

ただ、インプレを、と言うと何も浮かばぬ。

そこまで使い込めていないのか?
とっても良い竿なんですが、、、。
なんだか印象があまり残らないんですよね。

クセのある竿、ほっすぃー!

って事で今年のカタログをチラチラ。

2020シーズン竿の候補

DAIWA 銀影競技T!!


DAIWAカタログより(まがっちょる)

DAIWAカタログより

DAIWAカタログより

とまぁ、3ページに渡り紹介されてる。

実はDAIWAのT調子って使ったことがない。
正確に言えば2代前の愛用している競技SLがT調子。

もちろんESSもjoint-αも搭載されてないのでカッツカツの先調子。ウカウカしてるとのされる。
ピンポイントで止めるならば最高。
引きまくるとオトリは死ぬ。
クセ強い。でも大好き。

目的は最近増えてきた泳がせ局面で使える先調子。
かつ、1箇所をグリグリ責められる攻められる先調子。

ここ2-3年の桂川はなかなか渋く、釣りづらい岩盤の樋や浅場の泳がせ、見釣りでのピンポイント止め釣り。

そんな事が出来そうなのはDAIWAのラインナップだと、、、。

競技SF、スペサルのSF or R。
「R」は気になるけど来年あたり競技シリーズ出るだろうしホントにテスターさんたち使うかわからんし様子見。
結局、DAIWAのテスターさんたちはマスターズでAとかしか使わないんだよな、、、。
一見の(やそれに近い)川だとアソビのある竿のほうが釣果は上がるもんな、、、。

SHIMANOなら今年の「スペシャルSC」か。

価格帯もまぁ値段も同じあたり。

スペシャルTとの比較

ざっとみた感じではスペシャルTは穂先が3本。
元径も太い。重さは競技Tとおんなじ。

新生競技Tは#3を変えたりしていろんな組み合わせが出来ると。これはあんまり好きじゃない、組み合わせるの面倒くさいしわけわからなくなってくるので、、、。

使用されているカーボンはスペシャルに使われていたものが競技シリーズに落ちてきたので同じカーボン。

技術的にはjoint-αがある分、競技クラスの方が安い上にお得感がある。

なのにスペシャルTはほぼ急瀬のパワーで競技Tは早瀬クラス、ってホント?そんな差があるの??

しかも競技Tは先調子の中でもSのふんわり先調子っぽいくらいの位置にいる。ふんわり先調子なら85SHがあるじゃないか。

前作競技Tとの比較


DAIWA2016カタログより

もう4シーズン経つんですね。

前作はカタログも7ページに渡り特集され、TとTHは別ページ、さらには専用のビデオも出ていたことを考えるとやはりいろいろ縮小気味なんだなー、と。

あんまり使っている人いないんだよなぁ。前作競技T。大会なんかでもまずトップトーナメンターは使用してない。

細かく見ていくと
●THの強度は1段階上がった(早瀬→急瀬)
これはカーボンの質が上がったのと、joint-αで竿のつながりが良くなったからかな??前作THは「早瀬(強)」と言っておきながら、球磨川で尺アユぶち抜く様子がビデオにもあって??となったけっけ。先調子は掛けてから抜くのが速くて正確に出来るので好きなんだよなぁ。
●SMT廃止されカーボン穂先が本穂先
前作ではカーボン穂先は別売りだったが今モデルはカーボン穂先が本穂先。
まぁ、ここで1-2gは軽くなっているんだろうから、重さはトントンか。
SMTの釣り感って好きじゃないし、ほぼ全てのモデルの変えSMT穂先がお蔵入りしているので返って好印象。これからはモデルが絞られるのかもなぁ。
やっぱり穂先はチューブラーに限る。
しかもカーボンの穂先はやっぱり良いんだよなぁ。
●お値段はほぼ据え置き
新技術と言えばjoint-αのみ、前作はESSやチャージリング、SMTチューブラーと最新技術が謳われていたけれど今回はそこまで大きな技術の投入はなし。
カーボンが現行Tと同じスペシャルのものだと考えたらお得か。
●前作以上に「先調子」化を主張
前作はESSの投入により思ったより竿が曲がる、かかるまでは先調子、掛かってからは胴調子、のType-Sっぽい感じであったが、今回のモデルは前作よりも先調子さ、を増したとしてあるけどどうなんだろう。
以前使っていたふなやの龍星☆竿みたいな感度抜群の先調子は釣っていて楽しいのでそんな感じを期待、、、だな。

SHIMANO スペシャルSCとの比較


SHIMANOさんの先調子、なんか使ってる人思い浮かばない。どうなんだろう、、、。

SHIMANOの竿は「マイルド」強調。

H2.75とオールラウンダー、H3.0とハンドリングマスターがそれぞれ同じような立ち位置か??

競技Tか競技THか

TとTHは味付けにもかなり差がありそう。
ふわふわ先調子のT、おもいっきし先調子のTH。
「同じ調子のパワー違いではない」
のが毎度のTシリーズ。

昨シーズン手に入れた競技TYPE-S 85Hは90Hより張りが強く、ふんわり先調子の中でもT寄りな気がする。

買うなら、バチッとおとりを止められるTHかなー。




迷うと言いつつも来月のフィッシングショー見に行ってそのまま釣具屋に発注していそうだ、、、。

2019 鮎釣り総括

ごあいさつ

みなさん、あけましておめでとうございます。
更新が相当に滞ってしまいました。
遅くなりましたが2019 シーズンの振り返りと2020シーズンの展望です。

昨年は関東近郊の河川は鮎の色づきも早く、9月から最盛期であろう自宅前の多摩川も橋から魚が見えない。
正確にいうと9月に入るとくだり鮎ばかりしか見えないという状況で気持ちもいまいちでした。
8月の終わりに相模川の支流の中津川に顔出したのですが、ちび鮎がパラパラとかかるだけ。

意気消沈して帰宅途中の信号待ちで川を見ていたら前の車にコツンと当ててしまうという失態を犯し、なんとなく竿納めにしてしまいました。
(幸いにも人的、物的被害は無しでした。)

結果的に9月の台風で、シーズンが終わったことを考えると下り鮎が早かったことも説明がつき、あらためて生物のすごさを感じますね。

今シーズンは川もあちこちで変わりましたが、一足早く下って産卵を終えた鮎たちの子供が元気に遡上してきて欲しいものです。

2019シーズン振り返り

釣り日数15日(63.5H)(1日平均4.2H)
合計釣果 412匹
時間あたり釣果 6.4匹/H

とかなりの減。

2018年は
釣り日数22日間 89.0時間(1日平均4時間)
合計釣果583匹
時間あたり釣果 6.5匹/H

だったので一時期シーズン50日、400時間、1800匹くらいだったことを考えると相当減ってますね、、、。

子どもも3歳になり、一緒にいる時間を確保したりもう一つの趣味のマラソンも佳境に入っているのでまぁ、楽しむくらいで、仕方なし。

2019道具立て

◆ 竿 ◆
DAIWA 競技マスターエディションA 9.3m(中硬硬 強)
DAIWA 銀影競技TYPE-S 85H(早瀬)
DAIWA 銀影競技SPECIAL MT(急瀬)

◆ 糸 ◆
HOKUETSU メタビート004 4m 比重12
+DAIWA メタコンポⅢ 007 1m 比重2.1
の組み合わせの他に
HOKUETSU テストライン007
は相当使いました。

この糸も売り出したので今年はこの糸がメインかな。安くて持つので1巻買っておけば2-3年いけるかと。
◆ 針 ◆

OWNER マイクロX 6.5号 4本イカリ
OWNER イニシアブロンズ 7.25号 4本イカリ
OWNER 秀突 6.5号 4本イカリ(泳がせ)
OWNER 楔X 7.0号 4本イカリ(泳がせ)
OWNER TAFF 8.0号 4本イカリ ←7割使用
TIJレインボー鮎 7.25号4本イカリ
がまかつMシステム7.5号 3本イカリ
段針(OWNER イニシアブロンズ 7.25号+OWNER イニシアブラック 7.5号)

色々使ったがやはりストレート4本が1番自分にとっては釣りやすい気がする。何年かぶりに使ったOWNER TAFFがかなりの好成績を上げ昨年からレギュラー針箱に復活した。

追いの良い鮎が突っかけてくるような時はTIJレインボー鮎はやはり信頼の針であり、他のキツネ型の針を使ってみたもののしっくり来なかった。

昨シーズン終わりころから試し始めた段針は多摩川で大量釣果を上げたが効果のほどは??だが1種類しか持てない、となった時は迷わずコレで行こうと思う組み合わせ、来年は釣り始めは段針で掛かった型の針にシフトしていく作戦も考慮。

小針(7号以下)はオトリにテンションかけ続ける感じの自分の釣りでは不要、来シーズンは7.0号以上の針しか使わないと思う。

遠征など

東北遠征

妻の実家への帰省に伴うもの
www.sugara.net
大きな鮎が釣れた甲子川
www.sugara.net
そして思うようにいかなかった翌日。

三陸復興道が繋がったので今年も行けたら閉伊川まで行ってみたい。

毎年恒例神通川遠征

今年はなんと泊まりでOKが!
www.sugara.net
ダム下で釣れた1日目
www.sugara.net
トロ場で大釣りした2日目

神通川は考えて考えて場所を決めて、さらに瀬にこだわらずトロ場の釣りもうまくしないと釣果が上がらないとあらためて思った2日間。
今年の神通川は放流大型化パターンでしたね。

ベスト釣行

www.sugara.net
桂川放水口で4時間76匹の大爆釣。
あっという間に広まってしまい、次の日から連日竿が並んでしまいました。
小競り合いや危険な釣り人(流されかけ)もいたみたいなので釣果を上げた場所をwebに上げる、ってのも考えものですね、今年からは少しスタイルを変えて行こうかと思います。

さて、今年は何の竿買おっかなー、と。

【神通川攻略 その1】県外組がジンヅーで大漁釣果を上げるには。

はじめに

私はこのエントリーで何も
「この橋の下のここが釣れましたよ、ホントはナイショですけどね。」
なんてことを書くつもりはない。

今までのエントリーでも釣った場所は基本公開してる。公開してる、ってことは次の日はまずそこに入ることがないから。

釣れたから、と同じ場所で同じ釣りを展開しても前の日から釣果が落ちるのは明らか。
どうしても同じ場所では同じような釣りになってしまう。
なので基本的に同じところには入らない。

神通川の特徴

そもそもジンヅーはそんなこと(どこが釣れたからそこに行く)が通用する河川ではない。大石ゴロゴロ、水が出るたびに川が変貌、その度に川見、去年ここは釣れたけど瀬がなくなってる、、、、。なんてしばしば。

それでも毎年神通を訪れちゃうのは「釣れた」って記憶があるからだと思う。
神通川ってのはそんな魅力のある川だ。


1束半釣った2017日帰り釣行

砂の堆積で年々浅くなる河川もある中、ジンヅーは豊富な水量と7つのダムによって砂の流失を抑え飛騨の豊富な降雨による水量を維持する大河川である。

ジンヅージンヅーと言いますけど鮎釣りしてるのはその下流域の30km前後の流域に限ったハナシ。


束釣り河川!の割には?

せっかく遠征に行くんだからいい釣りをしたい。
そう思ってみんな一路、貴重な休みに家族を置いて北陸に向かうのだ。

ジンヅーといえば束釣り河川!
雑誌でもたくさん特集され、我も束釣り!と休みが取れれば息荒く向かう、それがジンヅー!
、、、の割に釣れなかったなぁー。なんてことないだろうか?

私は何度もある。


ダム下から大沢野大橋を望む

10年前からジンヅー通い、時には婦中大橋下で10日間のテント暮らし、上流はダム下、下流は日赤までとにかく釣り歩いた。

が、今は子育てもあり、年に日帰りで1回か2回行けるかどうか、、、。

その1日を、どの日に行ってどこに入るか、これはひっじょーに大切なハナシで、ある。

ここ10年の経験からいくつかのパターンが出来たので写真とともに振り返ってみる。

おことわり

とはいえわたしはトーナメントなど出たこともなく釣れたり釣れなかったりを繰り返す自称中級者程度のアームなので本当に参考程度に、、、。

この記事読んで行ったけど釣れませんでした。
→すんません。
今の時期はどこが釣れるんですか?
→わかりません。

となる。

という事で、前置き長くなったが次回からパターンなど。次回はいつ??

#2019-15 【神通川】神通川の栄光はトロ場にあり

神通川2日目、仕掛け忘れが尾を引く、、、。今日は土曜日なので混雑が予想されます、ふなさきオトリも大盛況で久しぶりにたくさんのお客さんでおっちゃんもニコニコでした。


本日の釣行場所


今日は新婦橋の下流で始めました。ここはかなり良い1本瀬があるので大きいのが釣れそうです。時々通る高山本線がかなり上に見えます。JRの辺りはものすごい人です。

本日の目標

仕掛けがなくなったら帰る!のでなんとか仕掛けをもたせたい、、、。
ところが今日の仕掛けの手持ちは水中糸がメタコンポ007が2つ。メタビート004が1つ。フジノラインのTN01号が1つの合計4つしか仕掛けがありません。しかもハナカン周りは全部06と言う悲しい感じ。
しかも仕掛けは今年1つも作ってないので2年前のか去年のかと言うどうしようもない感じ。反省。

本日の釣り


007のメタコンポ、06のハナカンまわりで、何とか10本ほど釣り上げました。意外にこんな細仕掛けでいけるんだなと思いました。ただちょっと痛むと切れてしまい、どんぶり2回。午前中の釣りで007の仕掛けが無くなりました、、、。

午後一発目、無謀にも004の仕掛けでやってみますがいきなりどんぶり放流、万事休すかと思いましたがせっかく富山まで来たので残り1つの仕掛けで戦うことに、、、。


トロ場で丁寧にやるしかねえ。

結果的にはこれが大正解。




誰も入ってない貸切のトロ場で次々とあゆがかかりました。しかも全部サイズは23センチ前後です。取り込みも寄せれば細仕掛けでも大丈夫なので何とか1匹ずつ丁寧に取ることができました。

本日のタックル

◇◆ 竿 ◆◇
DAIWA 銀影競技SPECIAL MT(急瀬)
◇◆ 糸 ◆◇
DAIWA メタコンポⅢ 007号
HOKUETSU メタビート 0.04号
フジノライン TN010号
◇◆ 針 ◆◇
OWNER 楔X 7.5号
OWNER TAFF 8.0号

【忘備録】
でかくなるパターンのジンヅーイン
ハナカンまわり1号以上
メタコンポ010 メタビート010 以上
竿は泳がせように9.5m竿持っていく

本日の釣果


☆ 本日の釣果 48匹 ( 20cm〜 26.5cm)
★ 時間 7:00〜16:00(実釣8時間 休憩1時間)
☆ 時間あたり釣果 6匹/時間
★2019年 合計釣果 412匹
☆2019年 合計釣り時間・釣果 63.5H ave6.4匹/H

本日のバカヤロー


できればこの帽子をかぶせてやりたかった、、、。

車に戻ると坂の途中で動けなくなったハイエース君が帰り道を塞いでいます。レッカー車が来ると言う事ですがこれでは帰ることができません。
早く上がったのに帰れず、チクショー!
1時間のロス。

2駆、河原禁止!!

周りにいたおじさんたちも釣れていないのでオトリがダメになり買いに行きたいけど買いに行けないとの事。

よかったら差し上げますと話すと明日の分も欲しいから3本1000円で売ってくれとの事!しかもおじさんたちはいっぱいいる。1匹なら差し上げますがさすがに3本となると5人分も差し上げることができません。とお断りする。

おじさんたちも食い下がる。3本1000円で売ってくださいとしつこい。仕方なくタライに空けておじさんに選んで貰います。すると、おじさんたちがどんどんやってきて結局15本の鮎を買っていただきました。しかも大きいのはいらないと言うことで小さいのばっかり持っていきました。イミナイダロ...。

大きい鮎をうまくさばけない人はオトリが回らないかもしれません、、、。

ふなさきにも天然オトリ入荷し、、、。
日釣券、宿泊費ご飯代等全て回収することができた上に、来たときよりもお財布のお金が増えました。ありがたし。

帰りはザブッと温泉


帰りは高原川の上流の温泉に入りました、しかしアブ、ブヨが凄いのですぐに退散。

帰りに高原川で温泉の前でやって帰るのもいいな。
来年の参考にしよう。

結局いつもの平湯温泉に入りなおして帰りました。どちらも共同浴場なので200円程度を募金する必要がありますがそれでもかなり格安、しかもさっと入れて最高です。

これにて今期のあゆ遠征は終了、これからは桂川、秋川、家のそばの多摩川でぼちぼちやります。

#2019-14 【神通川】しまった、バカヤローはオレだ!からの55本。

ジンヅー行くってのに慌てて用意したので仕掛けのボックス全部忘れ、、、。ベストに入っているチビ鮎用の仕掛けで立ち向かえるほど今のジンヅーの鮎ちゃんは甘くなかったです。


バカヤローはオレです、

本日の釣行場所

神通川 ダム下〜大沢野大橋上流

本日の目標

もちろん束釣り!

おひさし鰤です!

本日の釣り

先行していた仲間からオトリ1本もらいスタート!

幸先よくオトリが変わり1時間ほどで10連チャン。


7.25号のレインボー鮎がコン、と折れる。


釣れるのはこんなのばかり。
そりゃ針も折れる。
誰だ、神通川、釣れてないとか、小さいとか言ったやつ!


005のメタビートが高切れ。
午前中で2セットなくなる、、、。
残ったのは004...。


竿を柔らかいのに変えて、、、。

こんなに曲がる。


午後はこんなとこで。
ペースダウン、、、。


流されたらやばい、、、。
けど大きなヤツが釣れます!


15時頃からは疲れてきたのでトロ場で。
曳舟、2連結。

本日のタックル

◇◆ 竿 ◆◇
午前中は

DAIWA 銀影競技SPECIAL MT(急瀬)
午後は

細仕掛けなので柔らい竿に変更。

◇◆ 糸 ◆◇
HOKUETSU メタビート 0.04号
HOKUETSU メタビート 0.05号
DAIWA メタコンポ 007号

◇◆ 針 ◆◇
OWNER TAFF 8.0号 4本イカリ
TIJレインボー鮎 7.75号4本イカリ

本日の釣果


午前中35本 午後は20本 合計55本。
☆ 本日の釣果 55匹 ( 18cm〜 24cm)
★ 時間 5:30〜17:30 (実釣11時間 休憩1時間)
☆ 時間あたり釣果 5匹/時間
★ 2019年 合計釣果 364匹
☆2019年 合計釣り時間・釣果 55.5H ave6.5匹/H

#2019-13 【桂川】四方津で4時間の釣り、デカかった!

岩手以来釣りに行っていないので今日は少しだけど時間ができたので桂川へ行ってきました、サイズアップしてました!

本日の釣行場所

四方津の上流です。

本日の目標

淵や滝壺など釣りにくいところで大型を釣る。

本日の釣り


こんないい平瀬でやってもなかなかかからず。

かかっても小さい。

ふと振り返って木の下の浅瀬をやると、、、。

なかなか良いサイズ。
今日はどうしても嫁さんが早く帰ってきて欲しいと言う用事があるので4時間がタイムリミット。なのでテンポよく釣る。

昨年イワナにひきづり回された深い淵を泳がせると、、、。

かなり良いサイズ。

ポンポンとかかる。

暑いから淵に入ってるんですね、涼しそうだもの。

本日のタックル

◇◆ 竿 ◆◇
DAIWA 銀影競技TYPE-S 85H(早瀬)
◇◆ 糸 ◆◇
ホクエツテストライン
とうとうハナカンの編みつけ部分から切れた。
HOKUETSU メタビート 0.04号4m+DAIWA メタコンポⅢ 007号1m
◇◆ 針 ◆◇
OWNER 忍 7.0号
OWNER イニシアブロンズ 7.25号
OWNER 楔X 7.0号

本日の釣果

☆ 本日の釣果 13匹 ( 18cm〜 24cm)
★ 時間 10:00〜14:00 (実釣4時間 休憩0時間) ☆ 時間あたり釣果 3.2匹/時間
★ 2019年 合計釣果 309匹
☆ 2019年 合計釣り時間・釣果 44.5H ave6.9匹/H

こんな感じで、数はいないけど。

最大24cmまで。

かなり太っている大きなやつ。

おまけ


しばらくきてなかったが増水後かな??
陸バミがすごい。

雷なってきたし、早く引き上げてよかった。
帰りは一部区間で土砂降り。

#2019-12【東北遠征】甲子川で気持ちよく釣りをするも昨日の再現はならず。

明日は帰らなくてはならないので今日が最後の日。再び甲子川に行ってきました。昨日とは打って変わって晴天で条件は良さそうなのに昨日の再現とはなりませんでした。数は出たんですが、、、。

本日の釣行場所

昨日と同じく釣具のオヤマさんの堰堤下です。
私自身2日連続同じ場所に入る事はあまりないのですが昨日釣り残した場所もたくさんあり、もう少し探ってみたいと言う気持ちで同じ場所に入りました。

協賛金をもう1000円払ってきました。昨日いただいたからいいですよ、と言われましたが日釣り券代わりですとお渡ししました。
甲子川は漁業権がないので釣具のオヤマさんが先導して放流事業やお オトリの販売などを行っています。しかし協賛金は強制力は無いので特に何も払わない人もたくさんいると思います。
個人の自由ですが放流した魚を釣らせてもらうこともあるのでたとえ100円でもいいから協力するのが良いと思いました。

本日の目標

昨日の再現。下流に流してからの斜め引きでの止め泳がせ。一つ一つ丁寧にポイントを探っていくような釣り。
マスターズの上田さんみたいに釣れたらいいなぁ、斜めに泳がせながら石ごとに止めるコツがわかってきました!

本日の釣り


天気も良く他に釣り人もほとんどいないような最高のロケーション。水温も昨日よりは高そうなことからかなり期待して臨む。

しかし2時間反応なし。

やっとかかるも小さい魚が1時間1匹ペースです。

堰堤には今日は学校が休みなのかたくさんの子供たち。飛び込んで遊んだりしている。堰で釣りをしていたおじさんも退避してきた。あそこは大事な子供の遊び場だかんな、と言っていた事がとても微笑ましい。

ふと思ったのが昨日からずっと左岸立ち。地元の人もずっと左岸立ち。少し釣りづらいが右岸立ちに。変えた途端に魚がかかりだす、やはり釣りづらい大石の裏など左岸からでは釣れないところで魚がかかる。

数は小さいけど魚が釣れ始めたところで子供たちがいなくなった堰の深みに移動。ここでいくつか大きいのもかかる、上飛ばしの泳がせ。
10本ほど追加。

白っぽくてあまり色がついてないが、おいしそうな良い魚。

本日の最大24センチ。

本日のタックル

◇◆ 竿 ◆◇
DAIWA 銀影競技TYPE-S 85H(早瀬)
10cmのチビ鮎の操作も24cmまでの引き抜きもこなすオールマイティロッド。
ただし22cmを超えだすとオトリ操作は少しやりづらい。
◇◆ 糸 ◆◇
ホクエツテストライン007
とうとう目印が全部動かなくなったが未だ切れる気配はなく大きい魚もしっかり連れてくる。
相変わらず魔法のライン、
◇◆ 針 ◆◇
OWNER 楔X 7.0号
OWNER イニシアブロンズ 7.25号

本日の釣果


☆ 本日の釣果 27匹 ( 12cm〜 24cm)
★ 時間 10:00〜16:30 (実釣6.5時間 休憩0時間)
☆ 時間あたり釣果 4.1匹/時間
★ 2019年 合計釣果 296匹
☆ 2019年 合計釣り時間・釣果 42.5H ave6.9匹/H

おまけ


大好きな景色、大船渡湾。

小さな鮎は塩焼きに。

東北最後の夜は庭でBBQ。
明日は東京に帰る、仕事に復帰せな、、、。